スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

オリジナルなものを見るって大事

tsubaki_03.jpg

●枯れる椿

tsubaki_04.jpg

●椿の花弁1

tsubaki_05.jpg

●死んでるみつばち

tsubaki_06.jpg

●椿の花弁2


先週、とあるギャラリーのオーナーさんとお話して、
今の自分は、何かを描くとき、すでにあるものとの比較から入り、
わかりやすさや簡潔さ、つまりは結果をすぐに求めているんだと気づきました。
仕事にはそういう能力がかかせないじゃないですか。
わかりやすさ、簡潔さ、そして結果。これが一番大事なもの。
でも自分が描くときに、そういうものが自分をこまらせるのだな。
そういうものが、世界を小さくしてしまうんだなー。
そういうときは、既製品や誰かの手によって作られたものではなく、
まったくのオリジナル、つまり生き物をみること、有機的ななにかをみることが
大事なんじゃないかなと思った。
描く事も大事だけれど、まず見る事、たくさん見ることが大事なんだな。
その中でも自分の好きなライン、すきな色、におい、などなど
いろんなもののなかから描きたい「何か」を見つけ出せばいい?
そう思って、カメラを持って外に出かけてみたのです。

2006.04.03 | Comments(0) | Trackback(0) | すてきな落書帳

コメント

コメントの投稿

秘密にする

«  | HOME |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。