FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

彦根の食事処 彩リフォーム

IMG_2151.jpg

相方が勤める建築事務所では、
彼が長年雇ってもらったバイト先である「彩」という店の
リフォームの仕事がやってきていた。

で、今回私は看板のデザインをお手伝いさせてもらう事になりました。
看板だけとはいえ、私にとって、イラストレータのデータが
そんな大きなモノになるという体験は初めてのこと。
デザインとして完成させるだけでなく、お店の人の反応や、
お客さんへの視認性、印象など、考えるとドキドキする。
でも同時に楽しみだった。本当に。

で、看板だけじゃなくって、
設計図や実際のお店を何回も見たり、相方さんと相談したり
施工の現場に立ち合わせてもらったりしました。

写真は、施工の6日目。
(このお店の工事は、なんと7日間で終わらなくてはいけなかった!)
隣の来来亭(ラーメン屋)の派手な外観と一体化されていて
存在感が消されかけていたお店が、色にコントラストがついて
何かを主張し始めています。
塗装の職人さんが、美しくサラッと仕事をこなされています。


IMG_2134.jpg

看板はアイアンプレート。
想像したより若干厚みが薄かったけれど、
やはり、データがモノになる感動は大きかったです。

写真は、施工業者の方が、看板の位置を
確認させてくれているところです。(これは工事の5日目)
この方は、ほぼ一週間泊り込みで、作業されていまいた。すごい!

看板塗装を半日以上かかってやっていると、
猫がやってくる。どうやらこの辺に住んでいるらしい。
非常に人懐こい猫だった。↓

neco.jpg


今回、このお仕事をお手伝いさせてもらって
多くのことを学んだ気がします。
モノを創るのは、机の上だけじゃできないんだな、って。
よく相方さんが言ってますが。
あったりまえの事ですが、忘れてしまいそうになる。
モノはデータでできるわけじゃないんだな、って。
私が頭で描き、スケッチし、机の上で作ったデータを、
実際に形にしてくれる人がいるということ。
一人だけではできないのだ。
今回現場に立ち合わせてもらって、本当にそう感じることができた。
そして、こうやってモノができていくのは
面白いな!と思った。
今回学んだことを、普段の業務にもいかそう。
そうしよう。。。

あ~、またこんな仕事がしたいな!

IMG_2104.jpg


2005.11.04 | Comments(0) | Trackback(0) | ケンチクチック

コメント

コメントの投稿

秘密にする

«  | HOME |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。