FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

年末の石山寺

3904.jpg


2004.12.29(水)
年末の慌ただしさをよそに、石山寺に行ってきました。
こんな慌ただしいときだから、人はほとんど誰もおらず。
ひっそりとした石山寺を、散策しました。
多宝塔と呼ばれるこの建物、お椀のようなものが、
一階と二階の接続部分にぷっくりとついている。
四隅をきれいに釣り上げられた布のようにきれいなカーブの屋根が印象的でした。


3905.jpg


多宝塔の手前にある、珪灰石(天然記念物)といわれる大きな岩石たち。
これがこの寺の名前の由来となっています。
本当に石の山。こんなところに寺を作ったので、石山寺、となったのだ、なるほど。
そしてここ石山は、石山寺があるから、石山というそうです。

ここで、松尾芭蕉が、
「石山の、石にたばしるあられかな」という歌を読んだそうだ。
それが石山寺に来る前に行ったお店、「茶丈藤村」の 「たばしる」 のモチーフとなっている。
なんてこ洒落た和菓子なんだ、。

2004.12.29 | Comments(0) | Trackback(0) | たびだより

コメント

コメントの投稿

秘密にする

«  | HOME |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。