FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

ホルスト・ヤンセン展 @梅田大丸

2005年10月13日
大阪は梅田の大丸に、「ホルスト・ヤンセン展」を見に行った。
素敵な友達に、ご招待券をいただいたのです。

北斎を師と仰いでいたらしく、素描など、すごく力強く
同時に繊細。そして危険。
作品はだいぶヤバかったです。
作品というより、ヤンセンもだいぶヤバい人なんでないかい?
なんか色々問題もおこしてたみたいだし、
と思いながら自画像なんかを見てました。

けど版画のテクニックのすごさと、
それによってのみかもしだされる狂気みたいなものを
私でも感じることができました。
こえ~。作品見て「こえ~」と思ったのは久しぶりです。

自画像といえば、私はレンブラントや鴨居令なんかを思い出しますが
今回のが一番強烈でした。
鉛筆画の作品とかは特に技術的に感動します。

今週末で終わるので、まだの方は是非!
ホルスト・ヤンセン展 詳細

スポンサーサイト

2005.10.15 | Comments(0) | Trackback(1) | 美術館

大阪駅前通りはキラビヤか。

hirton_02.jpg

dddギャラリーに行く途中、
「きらびやかな通りを抜けて」という
ギャラリーのお姉さんの案内にあったように、
大阪駅の前には、こんなビルがズコンズコンと立っている!
知らなかった~。
京都の友達と二人で、上を見上げながら歩く。
田舎者を丸出しです。
城陽と滋賀は草津、平和堂を愛する私たちにとって(笑)
こんな世界は特殊なのだ。
ビルもクリスタルみたいにピカピカきれいで
思わず中を探検。


【“大阪駅前通りはキラビヤか。”の続きを読む】

2005.10.15 | Comments(0) | Trackback(0) | たびだより

青木克憲XX展@dddギャラリー

dddギャラリー

2005月10月13日
はじめてdddギャラリーへ行った。
そして、はじめて青木克憲さんの作品を生で見た。
私がすごく尊敬するアートディレクターでありグラフィックデザイナーである。
中を入ると、
うわさのキャラクターが集結している。
カミロボ、コペット、東ハト・モビなどなど。
このお方は、バタフライ・ストローク・株式會社という会社を立ち上げた人で
なんか新しいデザインのビジネスを築こうとしているらしい。
キャラクターで。


【“青木克憲XX展@dddギャラリー”の続きを読む】

2005.10.15 | Comments(0) | Trackback(0) | 美術館

甘いのがお好き

cake_01.gif

同じ天使を使って、
いろんな場所に当てはめていく。
なんか面白いストーリーができないかなーと模索。
模索中でごめんなさい。

2005.10.13 | Comments(0) | Trackback(0) | すてきな落書帳

余呉湖マラソン

2005年10月10日、月曜日、余呉湖マラソン大会。
朝7時半に実家を出て、滋賀の北、余呉へ。
空気も天気もいい、絶好のマラソン日和でしたが
なんせ一月近くまったく運動していない。一月前に走っていたとはいえ、
3キロしか走っていなかった。その日走るのは7キロ。
倍以上あるんですね~。やっぱり今その距離はかなりきつい(笑)未知の世界。

ちゃんと開会式とかもあって、
みんなで準備運動もするんですね。
で、その準備運動に音楽がなるんです。
今話題の「恋はマイヤヒ」です。恋はマイヤヒでエアロビクスですよ。
で、それ、みんなちゃんとやってるんです。
滋賀県民の素直さ(あるいはみんなにそれをさせる滋賀という土地柄)に
改めて感動します。

出だしから結構しんどかった。
寝不足もたたる。
走り出したすぐの1キロ以内に給水所があったのに、
それ以上先には一つもない。う~。
5キロ地点とか、ほしいところあったのに。

マラソン終わった後に、ランニング用シューズを買った。
軽い! これだけで5分は縮まるときいた。
ほんとかな?
240人中177位、7キロを45分で。
う~ん、次回はの成績よりよくなるように
また鍛えるとします。
仕事にだって体力いるし!(笑)

2005.10.13 | Comments(1) | Trackback(0) | ともだちへ

ARTIST SUMMIT, KYOTO「Diversity KYOTO-多様性が創造する未来」

P505iS0040960333.jpg

9月30日、金曜日。
今日は私の母校、京都芸術短期大学(今は京都造形芸術大学)のイベント、
ARTIST SUMMIT, KYOTO「Diversity KYOTO-多様性が創造する未来」に行ってきました。
このイベントは、大学の野外ステージ(芝生の広場)で行われた。
秋風が夜だとちょっと寒くもありましたが、
幻想的な空間で、4人の異なる分野の著名人がディスカッションを繰り広げました。
パネリストは以下のとおり。
・タナカノリユキ(UNIQLOとかFUJIZEROXのCMのAD)
・黛まどか(俳人)
・茂木健一郎(脳科学者)
・山下泰裕(柔道家、東海大学教授)
やっぱり、絵を書いてるとか、ものを形作ってる人以外の人の話を聞くのはおもしろい。
特に茂木さん、山下さんの話がよくて感動しました。


【“ARTIST SUMMIT, KYOTO「Diversity KYOTO-多様性が創造する未来」”の続きを読む】

2005.10.02 | Comments(4) | Trackback(0) | 美術館

«  | HOME |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。