FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

美術!生き残り塾

rain.jpg


2006年6月10日、どようび。
今晩は、トランスポップギャラリーへ行きました。
というのも、このギャラリーのオーナーさんと学生時代からお世話になっている先生が、アートマネージメントや作品制作の新展開に関連した知識とスキルをつけるための塾を開講するからです。今日はその説明会でした。
説明会に来ていた人数は約10人。どれくらいの人が参加するかはまだわからない。
本当は私は作家さんたちをサポートする側で参加しようと思ったのだけれど、それほど手伝うこともなさそう。。で、せっかくなので、制作する側として参加してみようかと考え中。参加する動機としては、特に自分がどうなりたい、っていうものではなくって、参加している人たちの制作過程や考え方、モノにしてくまでのプロセス、また、オーナーと先生がその塾をどうやって立ち上げていかれるのかを見たり、自分もいままでやったことのないもの(たとえば自分の絵時間軸にのせて動かしてみるとか、絵本にするとか)にとりくんでみたいということで。それをやってみることで見えてくる事、やりたくなる事が出てくるかもしれない。特に最近、自分がどこへ向かえばいいのか、ちょっと迷い中です。これを機会に考えてみたいとも思うのです。

説明会の後、この塾の講師である先生とお話させてもらいました。
先生は美術がないと死んじゃうくらいの美術好き。
私は絵をかいたりするのが好きなくせに、別にまわりに美術がなくたって生きていけると思うので、これはなんて人だって思って。。
先生は学生時代から、描く事以上に見る事を楽しんでおられました。実際に生の絵をみて、美術史を読んでいくとすごく面白いそう。本来、描く前に、すでに出たネタであるかどうかとか、知って制作するほうが断然良いのに、私は美術を見る事がかけていたように思う。先生曰く、芸大生とかの方が実は美術館に行ってないという。・・自分に思い当たる節があるだけに、そんな気がしました。
日本の美術教育は、見ること、鑑賞すること、というものに評価がされないのに、描く事、つくることばかりやらせている。それってつまり、歴史から学んだ基礎知識がない上でつくるもんだから、すぐにいきづまってしまうっていうこと。なんだか表面的で、みんなが同じような作品傾向になること。。。うぅ、耳が痛い。しかも、見る事ができる人、でも絵が描けない人というのは評価されないために、見る事ができる人まで、美術からはなれていってしまう。そうやって「美術ってわからないから」っていう人たちが増えていく。先生は、経済社会の中での作家、美術のあり方や、歴史の中での美術、そういうものを全てひっくるめて見ると、ほんとはもっと、見る事は楽しいんだって教えてくれました。
もう一回、いやこれから美術を勉強したいと思った夜でした。

スポンサーサイト

2006.06.12 | Comments(0) | Trackback(0) | すてきな落書帳

岡田斗司夫を囲む会

2006年6月8日もくようび。
この夜、京都へ出かけた。傘をもたずに出かけたら、地下鉄の出口を出たところで勢い良く雨に打たれてしまいました。目的地は河原町OPA裏の「静」という飲み屋さん。
びしょびしょになって着いたところ、小さいお店にただならぬ熱気が。
今日ここにやってくるのは、あの食玩のプロデューサー、岡田斗司夫さん。
今回は「プチクリ」というご本人が出された本に基づいて、プチクリのススメ的なお話をされた。プチクリとはそのひびきのとおり、プチクリエイティブのことなのですが、最初にこの言葉を聞いたときは、なんだか甘っちょろい、なんだかプロではない、ちょっとマイナスなイメージもなくはなかったのでした。
ところが話を聞いていると、プロだからといって、デビューしたからといって、それまで以上にクリエイティブなことをしているかというと、そうでもないという現実。そのうちクリエイティブすることの楽しさというものを忘れていってしまう。。
だから、プチクリとは、要は、プロになることをゴールとせずに、純粋にクリエイティブすることの楽しさを追求すればいいんだよ、っていう思想です。プロになっている人と自分をくらべて、自分には才能がない、なんて嘆く必要もなく、自分が好きと思うこと、そのこと自体が才能だと思えばいいと。。。
なんだか気持ちが楽に、そして楽しくなった夜でした。
詳しくは岡田さんのこの本を読んでください!

プチクリ!?好き=才能! プチクリ!?好き=才能!
岡田 斗司夫 (2005/12)
幻冬舎

この商品の詳細を見る

きっと何かはじめたくなる気持ちになります。

2006.06.12 | Comments(1) | Trackback(0) | すてきな落書帳

どうぶつえん

golila.jpg

●ゴリラたち
へんな動きをしていました。
移動するために地面に背中をむけてゴロリンところがるのです。
地面が日差しであたたかくてきもちいいからかなぁ?
それにしてもモリモリした体です、ゴリラは。

rama.jpg

●ラマ?
このどうぶつはほんとに食べる事に夢中だったのです。
毛がふわふわでした。なんでそんな顔してるんだ。
野生でお会いしてみたい。

saru_02.jpg

●サル ●サル ●キリン
左:リリーフランキーみたいなサルでした。ちょっとかっこいいです。
中:餌にむらがるサル山のサル。果物が先になくなっちゃうんですね。
  ボスザルがバナナをひとりじめしている間に
  弱いサルたちが他の餌を食べられるように工夫されています。
  動物園の中でも弱肉強食なんだなぁ。
右:キリンの胃は4つあるらしい。しかも食べ物をなんかいも
  あの長い首をいききしているらしい。
  キリンの足は膝から下だと思っていた部分、あれ足の裏だそう。
  つまり、キリンはつま先立ちして歩いているらしい。
  これは親友から教わったまめ知識。

京都市動物園には、なんどかきた事があったけど、どうも閑散と、さみしいイメージがあったのですが、この日は大盛況。家族連れやカップルなどなどでかつてみたことないほどにぎわっていました。一緒にいった友は、多分同世代であろう女性たちが子供をつれてあるいているのをみて、あれが正しい25歳の姿だなどといいつつそのにぎわいにやたら感動している熱いヤツです。


【“どうぶつえん”の続きを読む】

2006.04.03 | Comments(7) | Trackback(0) | すてきな落書帳

オリジナルなものを見るって大事

tsubaki_03.jpg

●枯れる椿

tsubaki_04.jpg

●椿の花弁1

tsubaki_05.jpg

●死んでるみつばち

tsubaki_06.jpg

●椿の花弁2


【“オリジナルなものを見るって大事”の続きを読む】

2006.04.03 | Comments(0) | Trackback(0) | すてきな落書帳

あけましておめでとうございます

dog04.gif


A HAPPY NEW YEAR
年賀状が遅れなかったみなさんへ。
昨年は大変お世話になりました、本年もどうぞよろしく。

2006年はどんな年にしよう?
おもしろい1年になりますように。


【“あけましておめでとうございます”の続きを読む】

2006.01.05 | Comments(0) | Trackback(0) | すてきな落書帳

«  | HOME |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。